一宮高校地歴研究会 (@yarikochireki )

一宮高校地歴研究会

Bio 一宮高校地歴研究会です。今のところ非公認団体ですが、有志が集まり巡検や研究活動を行っています。会誌『桃陵』年2回発行。現在2年4名、1年2名の計6名で活動しています。新入会員はいつでも募集中!
Location 一宮高校
Tweets 52
Followers 48
Following 38
Account created 07-04-2019 08:04:31
ID 1114801110454128640

Android : 少し前ですが、6月28日に犬山市へ巡検に行きました
テーマは東之宮
計画性の無い会長(僕です)のせいで工程は山含む8キロ強。
一風変わった犬山を、という事で変わった目線で、相当マニアな場所も。写真も変なものばかり…
主なコース
東之宮古墳
妙感寺古墳
犬山城天守
〜南下〜
堀部邸
木ノ下城

Twitter Web App : 中の人二人目です。
私は西洋史が専門です。
地歴であればどの分野でも構いませんので槍高生は是非入会よろしくお願いします。

Twitter Web App : 【環境×高校生プロジェクト】
様々な分野で活躍する高校生たちを、環境省“環境の視点”から応援する新プロジェクトがスタート!幅広い環境課題等について“知る機会”、“考える機会”を創出していきます。
今後コラボ企画も順次発信予定です。
kankyo-kokosei.jp

  • Start Video

iPhone : Webブラウザ上で動作するGIS「MANDARA-JS」試作版を公開しました。試作版のため、地図描画以外の機能はあまりついていませんが、おいおい追加していく予定です。最初は、「使ってみる」欄の既存データをお試しください。 ktgis.net/mdrjs/index.ht…

iPhone : 休校期間延長だったりでなかなか外に出れない日々が続いてるので、
#バーチャル巡検
#バーチャル石狩り
#バーチャル登校
を実施しています。早く巡検したい……

iPhone : 【美しい風景】
外出自粛の日々が続きますが、美しい国立公園の写真をぜひご覧ください。
日本の国立公園フォトコンテスト2019の受賞作品を紹介します。

今日は伊勢志摩国立公園から
「海と山と空と」森山想一郎さんの作品です。

nationalparks.tokyocameraclub.com/contest2019/re…

iPhone : 休校期間が延長となり、新入生のみなさんとはしばらく会えなくなってしまいましたが、一宮高校地歴研究会では新入会員を受け付けています。興味があるかたはDMまで連絡ください。

iPhone : 【リリース】防災に役立つ治水地形分類図
木曽川・揖斐川・長良川の河川流域のうち、主に岐阜県について更新を行った治水地形分類図を「地理院地図」で公開しました。
#いのちとくらしをまもる防災減災

地理院地図で見る
maps.gsi.go.jp/#15/35.423189/…
治水地形分類図について
gsi.go.jp/bousaichiri/fc…

Twitter Web App : 【地図好き歓喜】自由にデザインできる「地理院地図 Vector」公開 国土地理院
news.livedoor.com/article/detail…

淡色地図、白地図などを搭載。地図に重ねられる写真には、第二次世界大戦前のものもあるとのこと。

Twitter Web App : いつの間にかこんな公園ができていたのか。以前は農林水産事務所の古めかしい建物があったところで、長らく更地になっていたのだが。これをきっかけに美濃路がもっと注目されればと思う。 twitter.com/yarikochireki/…

iPhone : なお、今のところ非公認として活動していますので、場合によって会員の活動に多少の制約が生じる場合があります。ですので、入会したい方は本アカウント、または入学後会員までご相談ください。

iPhone : 一宮高校に合格されたみなさん、おめでとうございます。一宮高校地歴研究会は地理・歴史などに興味がある有志が集まってできた、非公認の同好団体です。人文科学、自然地理学などに少しでも興味がある方、ぜひ入会してください!
#春から一宮 #春から槍高 #春から槍校

iPhone : 歴史公園として整備中の稲葉宿本陣跡にやってきました……と言いつつ、中の人の主目的は稲澤町道路元標です。昨年5月頃に撤去され行方が分からなくなっていましたが、無事で何よりです。設置場所について細かい照合はできていませんが、本陣跡、郡役所跡であることからここで間違いないと思われます。

iPhone : 今日は桑名巡検でした。東海道の宿場町、港町、城下町、門前町、工業都市、ベッドタウンと様々な顔をもつ桑名という街を、街歩きを通して体感しました。